体育とサッカーコーチの相性

サッカーはボールコントロール以上に
体のコントロールが必要。

そのため、体のコントロールをするトレーニングが豊富にあります。
しかもコミュニケーション能力も問われるため、幼児期のグループレッスンなどには大変向いています。

以前サッカー日本代表の本田圭佑さんのプログラムで、小学校の体育の授業にプロのサッカーコーチが指導する体育
という企画がありました。

それは大変好評でした。
ボールを蹴ること。
という先入観のあるサッカーの練習ですが、
サッカーコーチのスキルとして、コミュニケーション能力や楽しせる。笑顔を導き出す。模範になる。
など意外とそのままでも十分に幼稚園や保育園のカリキュラムとして導入は可能なのです。

もちろん幼稚園や保育園の既存プログラムを生かしながら
跳び箱や鉄棒、縄跳びなどもできるコーチばかりです。

体育教師の資格を持っているコーチも多数います。

まずはご相談ください。
お力になれるはずです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【キッズプロジェクト巡回指導】

  2. 地域に根差した「サッカー教室」をあなたの園内で

  3. 授業や課外活動など、体操や器械運動などにも柔軟に対応致します。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。